2016.12.31 Saturday
自然食房きむら 看板製作施工
0

    【ご依頼主】自然食房きむら:オーナーご一家

          広島県福山市神辺町湯野1798−1 

          TEL084-966-3286

    【デザイン:企画:製作:施工】檀 工房

     

     2015.04

     

     ホームページからのご依頼です。

     メイン道路からはちょっと入り込んだところにあり、クルマで見える看板を戸のご依頼でした。

     

     ご提案がこちら↓

     夜間イメージ↓

     

     製作中↓

     

     施工写真↓

     

     施工後、豆腐コロッケを購入いただいてみました。

     豆腐の中身が素朴でやさしい味です。

     ボリュームもかなりあります。

     

     食卓のおかずにとても健康的、懐かしさも感じます。

     

     探しながら、ドライブしてみてはいかがでしょうか?

     

     

     

    2016.12.30 Friday
    音楽教室看板製作施工
    0

      【ご依頼主】O様

      【デザイン:製作:施工】檀 工房(マークは他サイトでご購入提供いただいたものです。)

        福山市内

       

       2015.05

       

       数多く紹介できていない物件がたまってしまい、皆様にはお詫び申し上げます。

       

       この物件もホームページからご依頼いただきました。

       

       音楽教室を開きたいとのご依頼。

       

       ご提案がこちら↓

       

      夜のイメージがこちら↓

       

      バックライトで夜文字を浮かび上がらせたいとのご依頼でしたが

      ご予算の都合上、知恵を絞りバックライト風の仕様とさせていただきました。

       

      施工がこちら↓

       

      ご紹介が遅くなり、大変申し訳ございません。

      残念ながら、ご依頼主様のご都合で看板を見ることができるのも

      あと少しの期間となってしまいました。

       

      早くご紹介しなければと痛切に感じた物件でした。

        

      2016.08.21 Sunday
      福山きこえ補聴器 看板 製作 施工
      0

        【ご依頼主】福山きこえ補聴器オーナー

              

              福山市春日台1-23

              tel:084-948-4133

        【看板-企画・製作・施工】檀 工房

              *ロゴに関しては オーナー様 外部企画会社 発注

         

         2015.2

         

         ホームページよりご依頼いただきました。

        長年にわたって、補聴器業界で営業をなされ、今回店舗探しから

        改装まで取り組みながら

        初めて独立されるということで、サインはご指名

        いただきました。

         

        建物の色を含めてサインをご提案(協議の上)させていただきました。

         

        ご提案がこちら

         

        何回かの修正を重ねて施工させていただいたのがこちら

         

        文字とマークのバックライトはオーナーさん経ってのご希望

        一昔前であれば、光源としてネオンをいれてたんですが

        LEDの価格もこなれてきて最近ではもっぱらLEDが光源に

        とってかわってます。

         

        LEDは壊れにくく消費電力も少ない(実際は故障が無いわけではありません。)

        といいことばかりというところですが

        ネオンの全方向性の明るさやそのもの自体の曲げ管の美しさは捨てがたいものがあります。

        曲げ職人の技術の振るいどころがだんだんと少なくなって継承されない技術になるかもしれません。

         

        すたれさせないためにもネオン独自の技術を活かせるデザインは無いものかと思考を巡らせています。

         

        オーナーはしっかりした技術をもたれていて、その人に合わせた調整をかかしたくないとの志を

        持たれています。

        耳の聞こえない人の基準は、その人本人しかわからない部分がありますので難しい作業ですね。

         

        単純に物を売るだけでなくその人との触れ合いが大切になるお仕事

        末永く続いていくことを切に願います。

         

         

        2016.07.07 Thursday
        メンズヘアーサロンヴォーグ看板製作施工
        0

          【ご依頼主】ヘアーサロンヴォーグオーナー

          【ロゴデザイン】滝澤デザイン

          【プロデュース】ヘアーサロンヴォーグオーナー  

                  福山市水呑町3489-1

                  TEL:084-956-4761

          【サイン・プラン・製作・施工】檀 工房

           

           1期2015.01

           2期2015.10

           

           ホームページよりご相談をお受けしたのが2014年の年末でした。

           長年、地元で散髪屋さんを営んでおられVOGUEというお店のイメージが

           ブティックのようで固定客の方以外には散髪屋さんとして認識されにくいということでした。

           古き良き時代のヴィンテージ感を出したお店づくりをしたいとのご依頼。

           

           店舗の内装が固まるまでにポールサインを製作施工・内装が出来上がったところで

           表周りのサイン・ガラス面サイン・照明工事を製作施工させていただきました。

           

           施工前がこちら

           

          今回は完成した物から見ていただきます。(古き良き時代のイメージで画像をセピア加工しています。)

           

          実際はこんな感じです。

           

           

          ご提案イメージがこちらでした。

          正面の看板は昔のホーロー看板に見えるようフレームを緩くアール加工の上板金で仕上げています。

          照明は昔のイメージの傘つき照明!

          電球は裸電球に見えるLED球です。

           

           

          男らしく、男前に散髪していただくお店!

          かわらない、流行に左右されない景色はいいものだと思えた物件でした。

           

           

          2016.05.03 Tuesday
          福山医療センターイルミネーション2015・2016
          0
            【請負・基本プラン】Tica Tica
            【プレゼンデータ制作・イルミネーション一部製作物・現場施工】檀 工房
             2014・12 2015・12
             
             1年半前、半年前の物件を同時に掲載させていただきます。
             2014のテーマはおもちゃ箱から飛び出したようなイルミネーション
             2016のテーマは鳥の楽園?
             プランは共にTicaTica小田さんによるもの思い起こせば9年が過ぎました
             毎年テーマを変えて・施工することの難しさをかんじながらよく続いてきたなぁと…

             2015のイメージはこちら

            施工がこちら




            2016のイメージがこちら

            施工がこちら




            毎年、続いたことも感慨深いですが
            続けさせていただいている医療センターさんに感謝です。
             
            2016.05.02 Monday
            草木珈琲店 ウエスタンドア製作 取付
            0
              【ご依頼主】草木珈琲店オーナー  
                    福山市春日町6-3-1

              【製作・施工】檀 工房

               2014・12
               
               以前看板を製作させていただいた、草木珈琲店さんから相談を受けました。
               厨房が見えるので、お客さんの視線をかんじるのを軽減したいとのことで
               両開きのドアを付けたいということでした。
               看板屋なので、普段はあまりしないのですが、ちょっと違ったことをするのも
               楽しいかなと軽いノリで受けました。
               それでも、仕事は仕事ですのでイメージ提案からです。



               製作中がこちら

              施工後がこちら

              表側の焼杉板の色と、裏側の色を合わせるためトーチで焦げ目を付けるなど
              少し手をかけました。

              ずっと立ちっぱなしの、お仕事なので随分と疲れから解放されたとのことです。

              その当時おまけでイルミネーションも取付させていただきました。
              *注:現在は有りません!
              当時のイルミネーションはこちら

              看板以外にもできそうだと、感じた時には請け負うこともあります。

              事例まで上げさせていただきました。






               
              2016.05.01 Sunday
              安原楽器 看板製作 施工
              0
                【ご依頼主】安原楽器オーナー
                      福山市笠岡町2番22号
                      TEL:084-922-1701
                【デザインプラン】外部デザイナー
                 
                【設計製作・施工】檀 工房  並び 外部鉄工所

                 こちらも、1年以上前になります、こちらでデザインした物ではありません。
                 外部デザイン会社さんによるものですが、依頼された施工業者さんの納期がはっきりしないということで
                 こちらで、製作してほしいというご依頼でした。

                 デザインをもとにこちらで製作可能な仕様に変更させていただき設計施工させていただきました。

                 ですので、今回はプランはありません。
                 こういった事例もありますので、施工だけの物件でもご相談ください。

                 施工させていただいた写真がこちらです。







                アーケード街の一角に有るお店です。
                今現在アーケードの撤去工事を並行して行っております。
                明るくなることを見越して看板でアピールしたいとのご依頼でした。
                色々な関わり方があります、デザインをされた方のイメージに添えることはできたのでしょうか?

                楽器やさんらしいデザインですね。



                 
                2016.04.30 Saturday
                東尾道 安保不動産 看板工事
                0
                  【ご依頼主】安保不動産 オーナー
                        尾道市高須町4756番地17
                        TEL:0848-55-3083 
                  【企画:製作:施工:照明工事】檀 工房
                   
                   2014:12

                  一年以上前になります;移転に伴い既存の建物に看板を新規作成していただきたいとの
                  ご依頼でした。条件は不動産やさんぽくない喫茶店のような看板にしたいとのことでした。

                  オーナーのこだわりを感じます。

                  以下のような提案をさせていただきました。

                  上から順に希望に沿って変更していきました。
                  最終的にE案で製作させていただくことになりました。
                  施工後がこちら


                  少し、カジュアルな感じで
                  うまく周囲にアピールできたでしょうか?
                  他社と同じではとの思い手助けできたなら幸いです。
                   
                  2015.12.30 Wednesday
                  市内 平看板製作事例
                  0
                    【ご依頼主】JFE 鋼材 中国営業所 福山市新浜町一丁目5番35号
                                                 TEL:084-953-0252 FAX:084-953-8148
                              HADASHI FIT         福山市城見町2-5-27 1F                                                           
                                                  TEL:084-994-1501
                              秀心塾              福山市手城町4丁目27   
                              螢蝓璽凜            福山市南蔵王調三丁目2番29号                                                      
                                                 TEL:084-922-1139  
                     【プラン:製作:施工】 檀 工房
                                  *ロゴ等は以前より使用されたもの
                                   ご自分で製作されたもの
                                   書道家に提供いただいたもの
                                                     こちらで製作した物
                                   となります。
                     2014:08〜10 

                     今回は、ごく一般的なサイン平看板のご紹介です。
                     それぞれのオーナーさんの資料をもとにシンプルなサインとして製作施工させていただきました。
                     
                     シンプルなサインで心掛けている事(絶対ではありません。)を少し述べさせていただければと思います。  

                    * まず、長期のものに関しては弊社では木枠をお勧めしません。経年劣化でフレームが朽ちるものをたくさん
                       見てきたからです。
                      場合によってはスチール枠ステンレスなど使い分けていますが、最近では軽く丈夫なこともありアルミのフレームを
                         使わせていただくことが多いです。アルミは、きっちりと寸法を出しやすく耐久性もあります。
                         軽くできるので重機で吊ったりなどの費用も削減することもできます。

                    *表示面パネルに関してはできる限り正面からのビス止めをしません。
                      また、パネル割のつなぎ目をできるだけ少なくするようパネル割を考えます。
                      つなぎ目ができてもできるだけデータの切れ目で文字等が目地にかからないよう考えます。

                    *パネルとフレームの寸法誤差を極力少なくします。

                    *受け金物はできるだけ見えないような構造としています。

                    データに関して
                    *今回はいただいた文字等でわかりにくいですが。パソコンに入っている文字を使用する際には
                     文字間隔が均等に見えるよう空間を一文字一文字調整します。これは学生の時レタリングを教わったことがありまして
                     烏口(今はだれも知らない道具?)で文字を描いた経験によるところが大きいです。
                     パソコンで文字を打ち込むと文字の端から端を寸法としてとらえるため機械的に均等に割ると空間がばらばらに見えるのです。
                     パソコンだけで文字を製作されている方は、割と無造作にそのままという方が多いです。若しくは気づいていても
                     面倒だから調整していないかのどちらかだと思われます。

                    *極力、文字に長体:平体(文字を縦に伸ばしたり横に伸ばしたり)をかける、ということは避けるようにします。
                     パソコンに入っている文字も誰かが作ったものです。作ったものはそのバランスできれいに見えるようになっています。
                     空間に文字を押し込めるために長体や平体をかけるのは安易にできますので、そういった文字を使った看板を見ることが
                     ままありますが、なんだか悲しくなるのです。文字の内容が変わったりした場合レイアウトから見直すようにしています。

                    他にも気を付けている事はありますが今回はこれくらいの内容紹介とさせていただきます。
                    シンプルなものを造る時はどうすればよりスッキリと見えるのだろうかということを模索しています。
                    本来ならうんちくを述べることは好きではないのですが、上に書いたようなことを頭の片隅に置いてみて頂くと
                    看板も違った感覚でみていただけると思います。

                    今回はシンプルなサインとして下記に紹介させていただきます。



                    それぞれ、オーナーさんの思いがありますが 
                    より伝わりやすいよう、心がけていきます。



                      
                           
                    2015.12.10 Thursday
                    尾道千光公園 恋人の聖地 オブジェ塗装工事
                    0
                      【ご依頼主】 西岡良和さん(岡山県在住 作家*テラコッタが主ですが鉄のオブジェも作成されます。
                                    かっこいい、ホームページがありましたが、今現在は閉鎖?されているみたいです。
                                    西岡良和さんで検索すればたくさんの作品がご覧になれます。)
                             尾道市のご依頼ですが、私のご依頼主は西岡さんです。
                      【元請け】  尾道バス株式会社 
                      【架台製作】 西岡さん知人の尾道市内の造船所の方
                      【デザイン 猫 テラコッタ製作】西岡良和さん
                      【現場設置】 佐藤工務店
                      【架台・現場塗装】檀 工房 襯轡奪廛撻ぅ鵐汎E
                       2014:10

                       今回は、数年前に私の友人である散髪屋さんに紹介していただいた
                       岡山在住の作家・西岡良和さん(公私ともにお世話になっております。 何度か3人で夜明けまで話あかすこともありました。)
                       からのご依頼で尾道千光寺公園にできるオブジェの架台を塗装してほしいとのことでした。
                       今回は、少し楽をさせていただこうと お隣の塗装屋さん(美容室の壁面塗装でお世話になった襯轡奪廛撻ぅ鵐箸
                       社長さん)を連れ出し共同作業…といっても社長さんに頼りきりみたいな感じですが(笑)

                       施工作業風景がこちら↓
                       
                      (哀愁があったのでちょっと白黒撮影してみました。)

                      そして、完成後は除幕式があり数多くのマスコミや除幕式に参加したコーラスの
                      小学生などでにぎわいました。
                      その模様はこちら↓


                      何といっても、架台に載ってる可愛い猫が主役(西岡さんは猫を造らせては日本一!)


                      オブジェの横にはフェンスがあり、ここを訪れたカップルがカギを掛けます。(愛の誓い?)


                      いろんな人が関わった、こんな仕事もとても楽しかったし、勉強になりました。
                      西岡さんも塗装屋さんも、ぼくの人生の大先輩、とてもパワフルな人たち

                      アウトプットの仕事ばかりでなくインプットできる仕事がとても心地よかった〜
                       

                       
                       
                       
                       
                        
                             
                      Categories
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM