<< TRICO WORKSサインプラン 施工 | main | 弘福寺 看板 掛け替え工事 >>
2018.08.15 Wednesday
たま工房 木彫り看板製作
0

    【ご依頼主】たま工房 オーナー  市内駅家町

    【デザイン書】高田 優子さん  市内在住

    【木・彫りこみ・着色・設置】檀 工房

     

     2016.08

     

     えーっと、仕事の流れとして手芸教室をされている、たま工房のオーナーさんが

    高田 優子さんの 書に 感銘を受け 教室の書のデザインのご依頼をすることとなり

    それを看板として形にしたいということで、高田 優子さんから こちらに、ご依頼いただきました。

    木のベースは持ち込みいただき、これをこちらで加工をということでした。

     

    オーナーさんは私の住まいの近所の方で、灯台もと暮らしという感じですね。

     

    看板屋でありながら、私は、実はそんなに書は得意ではありません。

    高田さんは地元で数多くの書のデザインを手掛けられ、いろんなところで活躍されています。

    書の師範代ということであり、基本がしっかり積まれている感じが伝わります。

     

    いただいた、書を基にサインのレイアウトと色決めのための打ち合わせ画像がこちらです↓

    一番下のカラーとなり、せっせと手彫りです。(場合によりNCなどの機械掘りとなることもあります。)

     

    持ち込みいただいた、材料がメイプルということで、これが固くて悪戦苦闘

    掘り上りがこちらです。↓

    そして、着色とウレタンクリアの吹きつけ↓

     

    現場に取付↓

     

    あまり、人物をのせることは少ないのですがオーナーさん(右)と

    書道家・高田 優子さん(左)と記念撮影↓

     

    一念発起で書を依頼されるオーナーさんや、

    書でデザインを極める高田 優子さんとのやり取りが刺激になりました。

     

    高田さんの書は大きな優しさと繊細さが同居しているように思えます。

     

    来年の年明けには(2019年)住宅の表札のデザインを高田さんにお願いしています。

    又、高田さんは10月末から広島のギャラリーGで個展を開かれるそうで、

    設置や製作物のご相談を受けております。

     

    お互いできないことを補い仕事につながる作業は楽しいものです。

     

    そんなことを感じた、お仕事でした。

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Categories
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM