<< 岡山 たきもと整骨院 サイン制作施工 | main | パン タンタン  パン屋さん看板製作施工 >>
2014.02.02 Sunday
備後国府祭りサマーイルミネーション
0
     今回の物件は、広島県の地域活性事業の2つのうちの一つに選ばれた。
    広島県府中市の備後国府祭りのサマーイルミネーションです。
    (あとひとつは、福山市美術館のウルトラマン展だそうです。
    7世紀ごろ当時の役所に当たる建物が、国府と呼ばれ 現在の備後府中市元町付近に
    あったと推測され、当時の資料をもとにスケールを縮小した建物を再現
    建物を中心にライトアップを行うという行事でした。
    [主催]:府中市
    [お祭り全体請負 会場運営]:蟷振
    [祭り広場:基本及びライトアッププラン]:Tica Tica
    [国府スケールモデル設計]:西原デザイン事務所
    [国府スケールモデル施工]:螢潺張丱曄璽燹”榁羯垠柄兆86-1
    [プレゼンデータ制作 水盤製作]:檀 工房
    [ライトアップ]TicaTica 檀 工房
    [イルミネーション 点灯プログラム]:ハルライトワーク
    点灯期間2013.7.25〜8.3               
    上記のように、さまざまな方の協力によってスタートは5月ごろから8月はじめ頃までかけて
    数回の打ち合わせを重ねて行われました。
    Tica Tica小田さんより基本プランをいただいて、プレゼン用に作成したデータがこちらです。
    施工は、炎天下の中入れ替わりで、約1週間かけて準備いたしました。
    今まで、イルミネーションは夏を経験したことがなかったのですが、
    昼間の設営は堪えます。 ばてばてでした。
    発注したイルミネーションの入荷が(中国より)政治がらみもあって税関をなかなか通れず
    ギリギリになったなどのハプニングもあり、いろんな方の協力を得て
    何とかこぎつけた点灯式がこちらです。
    もちろん、施工写真も載せておきます。
      
    なんでも、これから5年間はこれを基本に続けられるそうです。
    この仕事で、1番印象に残ったことですが、実は施工業者として載せていませんが
    おもに、府中市の依頼で施工されている 電気工事士さんです。
    すべての配線(1次側電源)を一人で地道にコツコツとされていた電気工事士さんです。
    (人が歩く場所は鶴橋片手に埋設配線:入口はグレーチングの下をひたすら配線 しかも寡黙で男前)
    その仕事ぶり、おさまりの綺麗さは今まであった、職人さんの中でも特に印象に残る方。
    こんなに、いろんな方と行事をしたことは少ないのですが、いい意味で達成感がありました。
    コメント
    コメントする








     
    Categories
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM