2020.06.21 Sunday
かいごの窓口 看板工事
0

    【ご依頼主】株式会社QOLサービス

          福山市春日町浦上1203

    【デザイン・制作・施工】檀 工房

    【植え込みイラスト】螢咼紂璽肇螢后

      2017.06

     

    前回、ご依頼いただいたQOLサービスさんからの引き続きのご依頼でした。

    介護を必要とされる、親を持たれる方の気軽に相談できる場所を提供したいということで

    向かいの地元のスーパーに来られる方にアピールできるように遠くからもよくわかる大きさの看板で

    明るく親しみやすいものをご希望

     

    既存の建物は下記のようなものでした↓

    ご提案はこちら↓

    多少の変更を加えて施工させていただいたのがこちらです↓

     

    植え込には、楽しくほっとするようなものをご希望で、イラストは外部のビュートリスさんにご依頼いたしました。

    (描かれたのは、ビュートリス代表の作家である妹さんです。)

    施工後はこちらです↓

    かわいらしいイラストです。

     

    親はいつまでも若く元気でいられるわけではありません、そして自分もいずれ老いていきます。

    そんな時に、こんな相談場所があることは心強いですね!

    そんな物件でした。

     

     

     

     

     

     

    2020.06.14 Sunday
    ありがとうディサービス 誘導サイン製作施工
    0

      【ご依頼主】株式会社QOLサービス専務様

            福山市春日町浦上1203

      【企画・制作・施工】檀 工房 案内札内容デザインは提供いただきました。

       

       2017.04

       

       ブログも久しぶりになりました。

      渦中ではありますが、避けて通れない、話題に少しだけ触れておきます。

      開業してはや十数年たちます

      その間にも国難といわれるものが度々ありました、東北震災、豪雨震災、熊本震災…

      そしてこの度のコロナウィルスの世界的な流行、戒められるように人間の在り方を試されています。

      もちろん、私の業界も影響があります。

      経済活動の不透明な世の中で自ら事業を立ち上げ進もうとする人は一握りかもしれません。

      しかしながらテレワーク、人となるべく接しない世の中が浸透するとは思えません。

      無駄な動きを見直すという意味では今後の動きに変化もあることは、事実でしょう。

       

      まだ必要とされている仕事がある限りは、継続していこうと考えています。

      そのうえで、どう動くべきか今後の課題です。

       

      今回ご紹介の物件ははや、3年前介護施設の新築に伴い案内サインを制作してほしいというものでした。

      建物は木材を主として、介護される方が落ち着いて過ごせる優しい空間作りがされてものでした。

      デザイン性も求められますが、見やすくて優しい感じのするものということでした。

      提案させていただいたのがこちら↓

      ピクトに関してはご提供いただきました。

      そして施工させていただいたのがこちらです。↓

       

      空間は明るく優しく心地よい感じがしました。

       

      今、介護の現場は大変な状況ですね、職員の方には頭が下がる思いです。

      以前のような世の中に戻るのか、新たな生活様式になるのか、まだ不透明ですが、

      それぞれの与えられた、状況に向き合いながら焦らず真摯に取り組みたいですね。

      2019.12.11 Wednesday
      ホリスティックブレイン学院 業務内容変更に伴うサイン工事
      0

        【ご依頼主】ホリスティックブレイン学院オーナー 

              〒720-0083
              広島県福山市久松台1丁目5-22
              TEL:084-921-9708

        【プラン・製作・施工】檀 工房(オーナーさんのご意向に伴うプラン)

         2017.04 

         こちらの物件は、ホームページからのご依頼でした。

         業務内容変更に伴うサイン及びイメージ変更。

         お伺いしたときの既存状況はこちら↓

         

        セラピストの養成に特化した内容に伴う変更です。

        協議の末こちらの様な内容のプランになりました。↓

         

        階段付近のサインは下からでは内容が見えなく、取り外すと既存サイン

        の取り付けサインが見えるためオブジェでカバー

        正面のマークは、かまぼこ状にアールを付け立体的に!

        施工後がこちらです↓

        シックな色合いへの変更です。

         

        このような、内容の学校があることを初めて知ることとなりました。

        多種多様化した、現代には色々切り口があるものですね!

         

         

         

         

        2019.12.03 Tuesday
        日本研紙改装に伴うサイン計画製作施工
        0

          【ご依頼主】日本研紙

                本社 広島県福山市草戸町三丁目13番25号

                Tel:084-923-6688

          【プラン・製作・施工】檀 工房 *日本研紙のロゴは既存のものです。

                            F-Oneは新規ロゴ作成致しました。

           2017.02

           

          ホームページから担当者の方に直接ご依頼いただきました。

          後に知ることになるのですが担当者の方は、私の住んでいる町内の方とご親戚になるとか!

          ご縁を感じた物件です。

           

          恥ずかしながら、地元では知名度の高い企業様であるにもかかわらず、

          まったく、ご依頼いただくまで認知をしておりませんでした。

          研紙・別のいいかとだと紙ヤスリですね、日ごろ製作の際に御利用させていただいてるにも関わらずです。

          申し訳ございません。

           

          働く環境のイメージを変革しておられた最中で工場や社屋をモダンな感じで

          改装されていました。

           

          有る程度のイメージや使用させていただく資料を基に下の様なプランをまとめさせていただきました。↓

          おおむねプランを気に入っていただき施工させていただきました。

           

          施工後の写真をのせればよいのですが、当時撮影し忘れておりました。

          唯一スタンドサインの製作途中の写真がありましたので掲載させていただきます。↓

          スタンドサインには特にオリジナリティーを注いでシンプルでいながら

          既存にないものを提案させていただけたかなと思います。

           

          施工後、担当者の方から こんな言葉をいただきました。

          プランの時に感動していたせいか実際のものが付けられると、そのままなので

          感動は薄いのかなと。

          これは、ほめ言葉として勝手に解釈しております。

          サプライズはないかもしれませんが、がっかり方面のサプライズは後悔になるので

          胸をなでおろした感じです。

           

          たくさんのサインを施工させていただき感謝の物件でした。

          (もちろん、小さな物件も大きな物件も感謝に違いはありません!)

             

                

          2019.12.02 Monday
          たなかクリニック LEDバックライト文字施工
          0

            【請負】鉄道広告

                〒722-0051 広島県尾道市東尾道10 番地12

                Tel:0848-20-2022

            【物件】たなかクリニック 

                広島県福山市駅家町大字上山守450-5

                Tel:084-999-0155

            【製作・施工】檀 工房 

              2016.12

             

            ブログがタイムリーでないので、最近まで追い付けるよう上げていきたいです。

            弊社では、直接のお客さまもありますが広告業者様などのご依頼も請けております。

             

            こちらの物件は新築に伴う看板のご依頼でした。

            ロゴや図面を預かりご希望のぞ材でイメージを作成↓

             

             

            昼間の風景はたなかクリニックさんのホームページでご確認を!

             

            夜間の施工後はこちらです↓

             

            携帯での撮影で露出オーバー!肉眼ではもう少し光が柔らかくぼけている感じです。

             

            夜間に確認して作業完了です。

             

             

             

             

             

             

            2019.12.01 Sunday
            医療センターイルミネーション2016
            0

              【請負・基本プラン】Tica Tica

              【プレゼンデータ制作・イルミネーション現場施工】檀 工房

               2016.12

               

               かれこれ3年も前になりますが、10年続けた医療センターのイルミネーションです。

              この後、医療センターは駐車場の変更工事に伴いこの年が最後の施工となりました。

               

              TicaTicaさんとは10年ともにプランと施工に関わらしていただき、イルミネーションの経験を

              たくさん積ませていただきました。

               

              最後に与えられたテーマは白い色での落ち着いたもの

              プレゼンテーションは与えられて素材を基に下の様に作成致しました。

              医療センターでのイルミネーションの閉幕を迎える厳かな感じですかね。

              施工はこちら↓

               

              最近感じることですが、冬の風物詩であるイルミネーションも、どこもかしこもという時代を

              通り越し落ち着いた感があります。

              先日も、奥出雲の方にイルミネーションの施工に向かいましたが、今は少し地方の方に移っているのかもしれません。

               

              10年でいろんなことを学びましたが、自然の中での施工の裏側では数々の乗り越えなければならないものがありました。

              木は成長する、又、風や雨の影響、電気の容量、素材の選択などなど…

              今点灯されているイルミネーションにも様々な方の

              尽力があるのだと、表側だけでなく、裏側も察してみていただければ、ただ単に綺麗なものとしてではない

              奥行きも感じていただけるのかもしれません。

               

              そんな感じで医療センターのイルミネーションは幕を閉じました。

              ありがとうございました。

              2019.06.27 Thursday
              amuse福山 看板変更工事
              0

                【ご依頼主】amuse福山 オーナー

                      福山市東深津町3-17-5 

                      TEL:084-920-1005 

                【企画:製作:施工】檀 工房

                 

                 2016.10

                 

                 かれこれ、3年にもなるところでのご紹介になります。

                 お打ち合わせは、その前の年からですので随分と以前な感じがします。

                 

                 既存のサインが蛍光灯切れなどもあり、(一昔前は行灯サインの中に蛍光灯が入っていたものが多く

                 これって切れてしまうとオーナーさんの負担になるので、最近ではLEDや外部照明に切り替わっているのが

                 現状です。)

                 

                 既存のサインを撤去、高さを低くして外部LED照明に変更の工事でした。

                 ポール塗装も伴い入口上のキャノピーの塗装 営業時間の貼りかえなど。 

                 

                 施工前がこちら↓

                 

                変更プランがこちら↓

                ポール上の行灯は思った以上に重量があり(フランジの下に柱が長めにはいっていたためレッカーの重量計では200kg)

                吊り代が結構ギリギリでした。

                現場では、予想を立てていてもイレギュラーなこともあるので、どう対応するかが求められます。

                 

                施工後はこちら↓

                お店のオーナーはカーオーディオのプロ(主に)!ご夫婦でのお仕事で長年、地元での

                営業を継続されている事に、腕の立つ職人の息吹を感じます。

                 

                そんな、お仕事でした。

                 

                 

                2019.01.04 Friday
                弘福寺 看板 掛け替え工事
                0

                  【ご依頼主】弘福寺 ご住職ご夫妻

                        岡山県笠岡市生江浜611-1

                        TEL:0865-66-4812

                   

                  【文字・イラスト】弘福寺 ご住職

                          

                  【看板企画・制作・施工】檀 工房

                   

                   2016.08

                   

                   新年、明けましておめでとうございます。

                   本年もよろしく、お願い致します。

                   昨年は、自社も水害に遭うなど災害の多い年でした、

                   年末には仕事で倉敷の真備町を通ることがあって人の気配のない

                   街と家具も何もなく、空けはなれた住宅を見るにつけ、未だに続いている

                   現状は心痛むものでした。

                   今年が、平穏であることを望むばかりですが、被害に遭われた方の生活が

                   1日も早く普通の生活に戻ることをお祈りいたします。

                   

                   2019年も早、三が日も終わったというにも拘らず、今回のご紹介物件は

                   2016年8月に施工させていただいたものです。

                   最近の物件に近づけるよう、ブログを出来るだけ上げようと思います。

                   (本当にブログ不精で申し訳ございません、少し歳をとったせいかSNS

                   は、このブログ以外やっていませんし、時代についていかなければという感覚も

                   余りございません。)

                   

                   今回ご紹介の物件は お隣り笠岡市のご住職ご夫妻、縁あって関西から

                   こちらのご住職となられたお二人です。年齢も近いとあって話がはずみました。

                   

                   お悩みは、お寺自体が皆さんが周知しているような昔のものからではなく

                   一般的な家屋に、看板が挙げられている為に、お寺として認知されにくいということでした

                   看板だけでもお寺と認知していただけるようにという、ご依頼でした。

                   

                   その時の、お寺は、このような様子でした。。

                   ↓

                   

                  お寺の文字も梵字も以前の住職の時に掲げられたもので、建物からお寺と認識されるのは難しいのかな?

                   

                  ご住職からは、凡字もデザインしてほしいということでしたが、???マークばかり

                  私自身が不勉強で梵字の意味やマークの意味をまったく理解できていなかったからです。

                   

                  初めに私ながらの観点でご提案させていただいたのがこちら↓

                  ご住職さんと、お話しているうちに自分で字を書かれることや、なんとイラストまで描かれる

                  事を知り、是非、描いてみてくださいと後に資料を預かってデータ化したのがこちら

                  流石です。多才ですね。

                  諸条件等ありまして。

                  最終的には、下のように製作・施工させていただきました

                   

                  施工の際には、ひどく暑かった、奥様には度々出てきて心配していただいたのを

                  よく覚えています。

                  それ以来のお付き合いで、時々ご依頼いただいたり、ありがたいお話をお聞かせいただいています。

                  年が明けるとわざわざ、お守りまで送っていただき感謝につきません。

                  お二人の人柄に触れ、心の安らぐことこの上ありません。

                  ありがとうございました。

                   

                  ご縁は不思議だなあと感じたご依頼でした。

                   

                  みなさんにとって、本年がよい年でありますように!

                  合掌!!

                   

                   

                   

                   

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    

                  2018.08.15 Wednesday
                  たま工房 木彫り看板製作
                  0

                    【ご依頼主】たま工房 オーナー  市内駅家町

                    【デザイン書】高田 優子さん  市内在住

                    【木・彫りこみ・着色・設置】檀 工房

                     

                     2016.08

                     

                     えーっと、仕事の流れとして手芸教室をされている、たま工房のオーナーさんが

                    高田 優子さんの 書に 感銘を受け 教室の書のデザインのご依頼をすることとなり

                    それを看板として形にしたいということで、高田 優子さんから こちらに、ご依頼いただきました。

                    木のベースは持ち込みいただき、これをこちらで加工をということでした。

                     

                    オーナーさんは私の住まいの近所の方で、灯台もと暮らしという感じですね。

                     

                    看板屋でありながら、私は、実はそんなに書は得意ではありません。

                    高田さんは地元で数多くの書のデザインを手掛けられ、いろんなところで活躍されています。

                    書の師範代ということであり、基本がしっかり積まれている感じが伝わります。

                     

                    いただいた、書を基にサインのレイアウトと色決めのための打ち合わせ画像がこちらです↓

                    一番下のカラーとなり、せっせと手彫りです。(場合によりNCなどの機械掘りとなることもあります。)

                     

                    持ち込みいただいた、材料がメイプルということで、これが固くて悪戦苦闘

                    掘り上りがこちらです。↓

                    そして、着色とウレタンクリアの吹きつけ↓

                     

                    現場に取付↓

                     

                    あまり、人物をのせることは少ないのですがオーナーさん(右)と

                    書道家・高田 優子さん(左)と記念撮影↓

                     

                    一念発起で書を依頼されるオーナーさんや、

                    書でデザインを極める高田 優子さんとのやり取りが刺激になりました。

                     

                    高田さんの書は大きな優しさと繊細さが同居しているように思えます。

                     

                    来年の年明けには(2019年)住宅の表札のデザインを高田さんにお願いしています。

                    又、高田さんは10月末から広島のギャラリーGで個展を開かれるそうで、

                    設置や製作物のご相談を受けております。

                     

                    お互いできないことを補い仕事につながる作業は楽しいものです。

                     

                    そんなことを感じた、お仕事でした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2018.08.02 Thursday
                    TRICO WORKSサインプラン 施工
                    0

                      【ご依頼主】:TRICO WORKSオーナー様 親子

                             〒720-2122

                                         広島県福山市神辺町新湯野39-10

                                         TEL.084-966-9669

                      【ロゴデザイン】オーナーご友人

                      【サイン企画:製作:施工】檀 工房

                       

                       2016:07 

                       

                       ホームページからのご依頼でした。

                       建物の図面の段階から、LED内照式文字をご希望この時点ではロゴが決まっておらず

                       たたき台として下記のイメージをご提案↓

                        

                       

                       

                      ある程度建物ができた段階で、ロゴをいただきご提案を変更いたしました。↓

                       

                      施工後がこちらです↓

                        

                       

                      濃紺の外壁にオレンジの鉄骨とマークが生えますね。

                      施工後も何度かステッカーなどの納品で伺いましたが、物造り大好きなお父さんと息子さんの

                      2人3脚の工場です。

                       

                      身近に相談できる工場として、生き生きと作業されている風景がほほえましいです。

                       

                      Categories
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM